保留中の電話の対応方法を社員研修で教える

業務で電話を使用する機会が多いなら、社員研修では保留に関する心構えは教えておく方が無難です。
そうでないと、多くの時間を取られてしまう可能性があります。
例えば、次のような状況はあり得ます。
ある時に、顧客から企業に電話がかかってきました。
問い合わせの電話でしたが、やや難しい内容だったので、内容を確認しますと伝えました。
その際、電話を保留にするのが一般的です。
ところが内容を確認するのに時間がかかってしまい、保留時間も長くなりそうです。
その場合は、一旦は電話を取って「確認中ですのでお待ち下さい」と顧客に伝える方が無難です。
というのも保留中の顧客は、待たされている訳です。
長く待たされてしまうと、ストレスが溜まってしまう傾向があります。
顧客によっては、それで気分を害してしまいかねません。
クレームになってしまい、多くの時間を取られてしまう可能性もある訳です。
しかし社員研修で「電話の保留に関するポイント」をしっかり教えておけば、クレームになるのを回避する事もできます。
ですから従業員に研修を行っておくことは、大いに意味があります。